基本のWi-Fi設定(iOSデバイス)

Wi-Fiについて

今回は、Wi-Fi設定の基本です。

家のWi-Fi設定にも使えますが、ポケットWi-Fiのネット環境を他の人に貸してあげる時にも、この基本のWi-Fi設定を利用してください。

iPhoneなどスマホにテザリング機能が付いている場合は、インターネット共有(デザリング)をご覧ください。

インターネットを共有する(テザリング)

Wi-Fiはインターネットにつなげる際に有線LANの必要はなく、無線で接続できる技術です。ネットワークの有線LANがなくても、インターネット接続が出来、タブレットやノートPCなどはWi-Fi(無線)でつなぐ機器が多くなっています。

wifi

ノートPCは無線に対応しているものが主流ですが、ディスクトップはまだ対応できていないものが多いので、無線LANアダプタを介してWi-Fi接続が出来るようにして下さい。

無線LANアダプタは家電量販店やネットなどで購入できます。

では準備が出来たら、Wi-Fiの設定をやってみましょう。

 

Wi-Fiを設定する

SSIDとパスワードの確認

自分が使っているルーターのSSIDパスワード(暗号キーって書いてあるかもしれません)を確認します。

だいたルーターの外に、シールでSSIDが貼ってあるのではないでしょうか。

最近はポケットWiFiを使用している人も多いですね。

SSID

ポケットWiFiは内部に情報が表示できるのもあります。

自分のSSIDとパスワードはどこで分かるか確認をしておきましょう。

 

Wi-Fiが接続できるように設定する(iOSデバイスの場合)

設定 > Wi-Fiを選択し、タップします。

未接続

WiFiが接続されていなければ、未接続となっています。

未接続

WiFiをオンにします。

wifi ON

すると、近くのネットワークが表示されます。

自分のルータを見て、同じSSIDがあれば、そのネットワークをタップします。

SSID

Wi-Fiの横に自分のSSIDが表示されています。

ここにSSID表示

ネットワークに接続をタップします。

すると、パスワード入力画面へ変わります。

パスワード入力

ルーターのパスワード(暗号キー)を入力して下さい。

パスワードマスク

パスワードを入力するして接続をタップすると、Wi-Fiの接続が可能になります。

もしパスワードの設定が間違っていると、下のように表示されます。

パスワードが違います

パスワードが違います。と出たら、了解をタップしてパスワードを入れ直して、接続して下さい。

接続ができると、自動的にWi-Fi画面へ行き、チェックがはいります。

チェックが入る

Wi-Fiの一番下の「接続を確認」をご覧下さい。

接続を確認

ここをオンにすると、一度パスワードを入力し、接続したものは、WiFiをオフにしても、オンにした時に自動的に検索され、接続されます。

自分のWi-Fiを使っているなら、接続を確認にオンを入れておくと、次回の接続の設定は省略できます。

 

補足

ポケットWi-Fiがあると、大抵は10台までのPCの接続ができます。

接続できる10台は、タブレットやiPod Touch、iPadのような自力でWi-Fi機能がないデバイスにも対応しています。

この基本のWi-Fi設定は、自宅のWi-Fiを新しくした時に参考にして下さい。

また、最初にも述べましたが、他の人に自分のポケットWi-Fiの通信を貸してあげる時にも参考にして下さいね(=゚ω゚)ノ。

 

➡その他のiOSデバイスの設定は、Appleカテゴリーを見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です