iPadの画面の縦向き、横向きを固定したい

iPadの画面の向き

iPadの画面の向きは、iPad自体を横向きにしたり、縦にしたりすれば、画面が自動で変更されます。

向きを変える

iPadの画面の向きを横にする

インターネットなど画面を広く見たい場合には便利ですね。

でもこの機能は、ちょっと斜めになっただけで、縦横画面が変わってしまいます。

この画面を縦向きの固定、横向きの固定に変更できます。

縦向き固定

iPadの画面を縦向きにしておきます。画面の下の方から指をスワイプして、下画面からコントロールセンターを開きます。

スワイプ

縦向きでコントロールセンターが開いたもの

 

コントロールセンター縦向きオン

コントロールセンターの画面の向きを固定する、回転固定アイコンをタップします。

タップするとアイコンが赤色に変わります。

この状態だと画面が縦に固定されます。横にしても縦向きを維持します。

ステータスバー

ステータスバーでも固定表示

右上のステータスバーでも固定表示されます。

コントロールセンターは下へスワイプして閉じるか、画面のどこか別の部分をタップして閉じてくださいね。

 

固定画面の解除

画面の解除は再び回転固定アイコンをタップして、画面の固定を解除します。

画面固定解除

これで画面の向きの固定が解除されます。iPadを横にすれば、画面も横向きに変わります。

 

横向き固定

今度は画面を横向きに固定します。

縦向きと同様ですが、横向きにした状態で、画面下から上へスワイプして、コントロールセンターを開きます。

横向き画面固定

横向きで開いたコントロールセンターから、画面の向きのロックをオンにします。

すると、画面が横向きで固定になります。

横向きの解除する場合も、コントロールセンターを開いて、画面の向きの固定を解除して下さい。

 

➡その他iPadの情報は、iPadカテゴリーをご覧下さい。
iOSデバイスはほぼ、iPhone、iPad、iPod Touch共通です。

➡Appleの情報は、Appleカテゴリーをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です