iPadの写真アプリに入っている写真にメモ書き(マークアップ)する

iPadの写真アプリに入っている写真にメモ書き(マークアップ)する

写真アプリの中の保存された写真にメモ書きをしたいと思ったことないでしょうか。

写真アイコン

簡単にできますので、試してみて下さい。

元にも戻せますし、複製で元の写真と注釈付きの写真と複数保存もできます。

➡参考 iPadの写真や画像を(コピー)する

➡参考 iPadのメモ書き(マークアップ)を消して元の写真に戻す

写真をメモ書き(マークアップ)する

どこからするか

写真アイコンから写真を開いて、大きくしたい画像、写真等をタップして大きくします。

1タップして大きくする

画面が大きくなったら、画面の右上の方にある、横3本線に丸があるボタンをタップして下さい。

2ここをタップ

そうすると、画面の周りが黒くなり、写真が編集できるようになります。

3 編集できる

下の方にある点が3つ並んでいるボタンをタップして下さい。

下のような表示がでますので、マークアップをタップして下さい。

4マークアップする

マークアップをタップすると、下の方が手書きで編集できる表示が出てきます。

マークアップという画面になります。

マークアップ画面の下の方にメモ書きできるツールバーが表示されます。この表示が出たら、メモ書き(マークアップ)出来ます。

メモ書き(マークアップ)で円を作成する

色を設定する

この写真ではオレンジの〇がある部分をタップします。(設定されている色によって表示の色が違います)

5色の編集

自分の好みの色に変更できます。後でも変更可能です。

太さを設定する

太さが違う横3本のボタンをタップします。ここで線の太さを設定出来ます。後でも編集可能です。

6線の太さ

手書き線で丸を描き、自動的にきれいな〇にさせる

下の左の手書き部分が選択状態(青い色)の時、手書きで線などを書けます。

手書きで丸を書くと、自動的にきれいな〇が下の方に表示されます。

7自動的に〇が表示

きれいな〇の方を選択すると、線の形がきれいに変わります。

8〇選択で〇がきれいになる

ちょっと変な線になっても、自動的にきれいな直線や丸が表示されるので、便利です。

もし線などを形がうまく行かない場合も、左下の元に戻るボタンをタップすると、一つ前の画面(線や文字が消える)へすぐ戻ります。気軽に試して見て下さい。

5元の戻す

位置や大きさを変更できる

青い点が表示されている状態で、青い点に指をおいて広げるか、小さくも出来ます。

青い点の真ん中部分に指を置いて、そのまま移動することも出来ます。

広げる移動する

青い点が出ていなければ、線のとこかをタップして、青い点が出るようにします。(うまくできないと、タップしたところに線が出来てしまうので、元に戻して、青い点が出るまでやり直して見て下さい。)

10失敗したら元に戻す

線上にタップして、青い点が出るようにすれば、後でも大きさや位置を変えることが出来ます。

編集

このように青い点が出たら、大きさや位置を変えれる

メモ書き(マークアップ)で文字を入れる

文字(テキスト)を入れる

文字を入れるには、下の四角いTが表示があるボタンをタップします。

11自動的にテキストが入る

すると、画面の真ん中あたりにテキストという文字が入ります。

このテキストという文字を変更して、自分の入れたい文字を入れます。

文字を変更する

テキストと表示されている部分をタップします。

削除、編集、複製という吹出が出てくるので、編集をタップします。

12編集タップ

編集をタップすると、キーボードが出てくるので、✖でテキストという文字を削除して、自分が入れたいものを入力します。

13テキスト編集

文字入力後(文字入力前でもOK)、大きさが違うAが二つ並んでいるボタンをタップします。

14文字編集

ここで文字の形(フォント)、大きさ、配置を変更出来ます。

文字を移動することもできる

文字の位置移動も出来ます。文字の真ん中あたりをタップして、左右に青い点を表示させます。その真ん中あたりに指を置いて、ドラッグしながら位置を移動します。

15位置移動

メモ書き(マークアップ)で直線を引く

手書きで直線を引く

手書きで直線を指で引いた場合も、きれいな線の候補が出て、きれいな線に変更出来ます。

16ふにゃふにゃした線

線の部分の色を変更する

引いた線の色もあとで変更することが出来ます。線の上あたりをタップして、隅に青い点2線と緑の中央点が表示されている状態にします。

下の色を変更するパレットボタンをタップすると、色の候補が出てくるので、変更したい色をタップします。

13線の色を変える

描いた直線の形を曲線に変更する

描いた直線を変形させることもできます。真ん中の緑の点のところに指を置きます。

17線を曲げる

そのまま指を離さずに上に移動して見て下さい。

17線を曲げる結果

青い2点の点は動かずに、緑の点だけ動き、線を曲げることが出来ます。

メモ書き(マークアップ)を完了させる

手書きメモの入力が終わったら、写真を完了させます。

マークアップと表示されている上の部分の右に完了ボタンがあるので、完了をタップします。

18完了ボタンをタップ

その後、右の下の方にチェックボタンが表示されるので、チェックボタンをタップします。

19チェックをタップ

写真の編集画面が終わり、元のモーメントにメモ書きがついた写真が保存されています。

20写真が変わる

他にも線や、文字を入れてみました。こんな感じで写真にメモ書きが出来ます。

こんな感じで写真にメモが出来る

 

次回➡ iPadでメモ書き(マークアップ)した写真を編集する

この記事は、iPad Air iOS 10.3.3で確認しました。

➡その他iPadの情報は、iPadカテゴリーをご覧下さい。
iOSデバイスはほぼ、iPhone、iPad、iPod Touch共通です。

➡Appleの情報は、Appleカテゴリーをご覧下さい。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です