【iPad】iOS11のDockはAppが開いていても下からスワイプで表示される

iOS11のDockはAppが開いていても下からスワイプで表示される

iOS11が2017年9月20日に出ました。もうiOS11にした人も多いのではないでしょうか。

➡まだiOS11にアップデートしていない人は、アップデート前に、iPadをiOS11にアップデートするを参照して下さい。

今までのDockの表示の仕方

iOS11ではたくさんの機能が追加されましたが、そのうちの一つ、Dockが進化しました。Dockは画面下にあるエリアで、よく使うアプリを置いておいて、どのページの画面になっても表示されるので便利でした。

→iOS10のDockについては、iPadでよく使うアプリは画面下のDockに入れてどのページでも表示させる をご覧下さい。

しかし今までは、アプリが開いている状態や、ファイルを開いて入力している時には、いったん画面を閉じてからページ下のDockを見る必要がありました。

iOS11で進化したDockの表示の仕方

iOS11では、アプリが開いてアプリ画面を見ている最中に下からスワイプして、Dockを表示することが出来るようになりました。

例えば、アプリを開いて入力中でもDockを表示することが出来ます。

4app開いていても

アプリが開いている状態で、Dockを出すのは、画面下の方からスワイプをするだけです。画面下へ指を置いて、ゆっくりと上にあげて下さい。

5上にスワイプ

スワイプの勢いがあると、AppSpaces(スペーシズ)の画面になってしまいます。

6スワイプしずぎ

スワイプをゆっくりとDockが出たら上にスワイプするのを止める感じでやってみて下さい。

慣れてしまえば簡単なので、新しくなったDockを使ってみて下さい。

 

この記事は、iPad Air : iOS 11.0で確認しました。

➡その他iPadの情報は、iPadカテゴリーをご覧下さい。

➡Appleの情報は、Appleカテゴリーをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です