【iPad】iOS11のDockはどれだけでもAppが入る?

【iPad】iOS11のDockはどれだけでもAppが入る?

iOS11が2017年9月20日に出ました。もうiOS11にした人も多いのではないでしょうか。

➡まだiOS11にアップデートしていない人は、アップデート前に、iPadをiOS11にアップデートするを参照して下さい。

今までのDockに入るAppは少なかった

iOS11ではたくさんの機能が追加されましたが、そのうちの一つ、Dockが進化しました。Dockは画面下にあるエリアで、よく使うアプリを置いておいて、どのページの画面になっても表示されるものです。

→iOS10のDockについては、iPadでよく使うアプリは画面下のDockに入れてどのページでも表示させる をご覧下さい。

しかし今までは、Dockに入るAppはiPadでは入れる数が6個で、それ以上はAppをDockに入れることが出来ませんでした。

iOS11で進化したDockの表示の仕方

iOS11のDockは、自分が入れたいアプリを入れると6個以上入りますが、Dockのエリアは同じなので、アプリの表示がどんどん小さくなります。

1Dock説明

Dockに入れてみたら、iPad Airでは13個でした。iPad Proではもう少したくさん入れれるようです。

Dockに入れる時に気を付けること

Dockに移動する時は、アイコンに指を置いて、少し長押して、アイコンが膨らんだら移動してください。

アイコンが揺れて✖マークが表示されている状態で移動すると、Dockのエリアへ入れる時にうっかり他のアプリの✖マークに触れて、アプリを削除してしまうかもしれません。

いくらDockにたくさん入るといっても、やっぱりほどほどの数が操作しやすいのではと思います。

10操作しやすい

 

この記事は、iPad Air : iOS 11.01で確認しました。

➡その他iPadの情報は、iPadカテゴリーをご覧下さい。

➡Appleの情報は、Appleカテゴリーをご覧下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です