【iPad】iOS11のDockで最近使用したAppが表示されるのをオフにする

iPadのDockで最近使用したAppをオフにする

iOS11が2017年9月20日に出ました。もうiOS11にした人も多いのではないでしょうか。

iOS11ではたくさんの機能が追加されましたが、そのうちの一つ、Dockが変わったことです。新しくDockでは、最近使用したAppが表示されるようになりました。

→iOS10のDockについては、iPadでよく使うアプリは画面下のDockに入れてどのページでも表示させる をご覧下さい。

この表示が便利だという人もいるでしょうが、これは必要ないと思う人もいるでしょう。

Dockに右側に表示されるアプリのアイコンの表示

iOS11ではDockの右側は、最近使ったアプリのアイコンが表示されます。

11最近使ったアイコン

さっき使ったアプリを探しにいかなくてもすぐ使えるので、便利な機能でしょう。

でもこれはアプリを開けたら、すぐ表示が変わってしまいます。そんなに頻繁にアプリのアイコン表示を変えなくてもいいと思う人もいるかもしれません。

ちょっと前に使ったアプリは、下からスワイプすると、AppSpaces(スペーシズ)の画面が開き、今開いているアプリの一覧が大き目のサムネイルで表示されます。

12サムネイル表示

ここから先ほど使ったアプリが表示されるので、すぐ移動もできます。

最近使ったアプリをオフにする

iPadの設定から一般をタップして、一般の中でマルチタスクとDockを探して下さい。

1設定一般

マルチタスクとDockをタップすると、マルチタスクとDockの設定画面が開きます。

この下の方にある、おすすApp/最近使用したApp..がオンになっていると思います。

2オン

ここをタップしてオフにして下さい。

4オフ

これで、Dockの右側に、最近使ったAppが表示されなくなります。

5表示されなくなる

 

この記事は、iPad Air : iOS 11.01で確認しました。

➡その他iPadの情報は、iPadカテゴリーをご覧下さい。

➡Appleの情報は、Appleカテゴリーをご覧下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です