【iPad】iOS11ではQRコードはカメラで読み取り可能なので、専用アプリは不要

iOS11ではQRコードはカメラで読み取り可能なので、専用アプリは不要

iOS11が2017年9月20日に出ました。もうiOS11にした人も多いのではないでしょうか。

➡まだiOS11にアップデートしていない人は、アップデート前に、iPadをiOS11にアップデートするを参照して下さい

iOS11ではたくさんの機能が追加されましたが、そのうちの一つ、カメラからの読み取りで、QRコードがスキャン出来ます。

いままではQRコードの読み取りを、アプリを入手してからスキャンしていましたが、これからは専用アプリは不要となります。

手順は簡単です。

カメラからQRコードを読み取る

標準のカメラを開いて下さい。カメラでは写真にして下さい。

読み取りたいQRコードに焦点を合わせます。するとQRコードはスキャンされて、上から読み取ったウェブサイトを開くか表示が出ます。

1写真で読み取るコメント

上の方から表示された、xxをSafaliで開くをタップして下さい。

QRコードでスキャンされたサイトが開く

上で表示された、xxをSafaliで開くをタップすると、自動的にSafaliが起動します。

そして対象のサイトが開きます。

3読み取ったサイトが開く

専用のQRコード読み取りアプリをインストールしなくても、標準で入っているカメラのアプリでQRコードを読み取れるので便利ではないでしょうか。

専用のQRコードのアプリの無料版とは違いシンプルに使えて便利です。

iOS11搭載のQRコード読み取り機能を利用して行きましょう。

 

この記事は、iPad Air : iOS 11.0で確認しました。

➡その他iPadの情報は、iPadカテゴリーをご覧下さい。
iOSデバイスはほぼ、iPhone、iPad、iPod Touch共通です。

➡Appleの情報は、Appleカテゴリーをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です