Googleドライブの保存容量の確認はどこ?

Googleドライブはどのくらい保存できるか

Googleドライブは無料で15GB 保存できます。

では、15GBってどのくらいでしょう?

写真など7000枚ほど保存できるようですが、写真の画素数によっても保存数は変わってきます。

映像や音声を入れるとまた保存容量も多くなってしまいます。

GoogleドライブはGmailやGoogleフォトの保存量も含まれるので数字だけでは、現在の保存量が分かりにくいです。

それで、現在の保存がどのくらいなのか時折確認してみましょう。

 

Googleドライブの保存容量確認方法

スマホから確認

Googleドライブのアプリを開き、左上の三本線をタップします。

メニューが出てきますので、一番下までスワイプします。

すると保存容量が出てきます。

保存容量

 

この保存容量をタップします。すると現在どのくらい保存されているか%(パーセント)で表示されます。

 

保存容量

 

PCから保存容量の確認

PCがあれば、更にどのアプリの保存容量がどのくらい使用中か確認できます。

Googleドライブを開き、マイドライブのメニューの下の方にある、容量をアップグレードの上に、XXGB/15GB を使用中 と表示されます。

マウスを持っていくと、何がどのくらい使用中か表示してくれます。

PCから保存容量の確認

 

使用しているの容量が大きいファイルを知りたい場合

使用中表示の、Googleドライブのアイコン辺りををクリックします。

割り当て量に行く前

割り当て量画面が開き、使用中の容量が大きい順に表示されます。

割り当て量

この割り当て量画面は、Googleドライブの中の、何のファイルが重いのか、不要なファイルはないか確認できます。

容量が大きく、不要だと思われるのは削除していきましょう。

 

ファイル削除方法

不要と思えるファイルを選択します。

選択したまま、右クリックし、表示された画面の下の方にある削除をクリックします。

削除

 

削除をクリック後、あ、これは削除してはだめだったとすぐ思ったら、左下に表示された、1個のファイルを削除しました。元に戻すをクリックします。

ファイル削除を取り戻す

しばらくするとこの画面は消えてしまうので、すぐ気づいたら、この方法で取り戻せます。

この表示も消えてしまったら、ゴミ箱から取り戻せます。

左エリア下のゴミ箱をクリックしてゴミ箱画面を開きます。

開いたら、削除して戻したいファイルを選択し、復元をクリックします。

ゴミ箱から救出

これで間違えて、削除してしまったファイルは元に戻ります。

Googleドライブの容量を時折確認して、保存の容量の大きいファイル、要らないファイルなどを確認し、いつも操作しやすい容量を確保しましょう(=゚ω゚)ノ。

 

➡その他のGoogle情報もご覧下さい。

➡PCでのGoogle情報は、生活情報 -こんなことあるねGoogleカテゴリーもご欄下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です