【iPad】iOS11でSlide Overアプリにドラッグアンドドロップする

【iPad】iOS11でSlide Overアプリにドラッグアンドドロップする

iOS11では、違うアプリ間でファイルや画像やテキストなどをドラッグアンドドロップで移動できます。便利そうなので、試してみましょう。

同時に2つのアプリを開いておかなければならないので、Slide Overでアプリの上に、細長く違うアプリを開くか、Split Viewで2つのアプリを画面で分割して表示する必要があります。

4スライドオーバー

Split Viewの方が2画面分割でドラッグアンドドロップの方が簡単ですが、Split View対応の機種を持っていないので、Slide Overで説明します。

まずSlide Overが出来るように、コピー先のアプリを、Dockに入れて、一度Slide Overが左から画面が開くようにして下さい。(Dockから後でSlide Overの動作をするのも出来ますが、開き時に指を離しそうなので、先に準備しておくとよいです)

➡iOS11のSlide Overの手順は、【iPad】iOS11のSlide Overは、Dockに入れて準備しておくを参考にして、Slide Overが出来る準備をして下さい。

※Slide Over 対応機種は、iPad Pro、iPad (第 5 世代)、iPad Air 以降、iPad mini 2 以降です。

※Spit View対応機種は、iPad Pro、iPad (第 5 世代)、iPad Air 2、iPad mini 4です。

ウェブのテキストをメモ帳にドラッグアンドドロップ

ウェブで気になった内容があったら、そのテキスト文をメモ帳にドラッグアンドドロップします。

Safaliなどでウェブを開いて下さい。そこからドラッグアンドドロップしたい文を選択します。

4文を選択

文を選択してから、その部分に指をじっと置くと、その選択部分が浮かび上がってきます。

6浮かび上がる

指を置いたまま、浮いた部分を少しドラッグして移動して下さい。(指を離すと元に戻ります)

違う指で左からアプリを開きます。アプリが開いたら、テキストを持っている指は画面から離さずにメモ帳へドラッグしていきます。

7ドラッグする

開いたアプリへドラッグしていて、+マークが出てきたら、指を離します。

8ドロップ

指を離すと、上で表示されているアプリの中へテキストがコピーされます。

10コピーされた

画像ファイルをメモ帳に移動する

画像ファイルを移動するのも同じです。写真アプリを開いて、ドラッグしたい画像に指を置きます。

画像のゴーストが浮き上がるので、そのまま少し移動してください。

12ドラッグする

画像の指は離さずに、違う指で左からアプリを開きます。そのまま開いたアプリの中へドラッグします。+が表示されたら、画像の指を離します。

14ドラッグする

そうすると、画像がメモ帳へコピーされます。

15コピーされた

その他ファイルの移動も可能です。移動先のアプリが対応していないファイルは移動しようとしても、移動できないか、読み取りが出来ないファイルとなります。

メモ帳で練習してから、色んなアプリで試して見て下さい。

 

この記事は、iPad Air : iOS 11.01で確認しました。

➡その他iPadの情報は、iPadカテゴリーをご覧下さい。

➡Appleの情報は、Appleカテゴリーをご覧下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です