【iPad】コントロールセンターでテキストの大きさを変更して画面に収める

コントロールセンターでテキストの大きさを変更して画面に収める

テキストサイズの大きさを変える

iOS11のコントロールセンターの設定を追加できるようになった機能にテキストサイズの変更があったので、変化を見てみました。

設定のテキストサイズの変化が視覚的に分かりやすかったので、ここではテキストサイズを変更して、設定の表示されるテキスト(文字)の記事にしています。少し見た様子では、iPadに入っている設定やメモ帳などのテキストの表示は変わりますが、ウェブの表示文字は変わらないようです。

設定など一度に多くの表示が見たい場合は、テキストを小さめにしておくと表示が見やすいという人もいると思うので、テキストサイズを変えてみて試して下さい。

文字を大きめにしたい場合は、アクセシビリティの設定を変える方法があります。

➡次回 アクセシビリティの設定を変えて文字を大きめにして見やすくする

コントロールセンターでテキストサイズを追加する

テキストサイズの設定をコントロールセンターでに出してみましょう。設定>コントロールセンターで開いた右エリアのコントロールセンターをカスタマイズをタップします。するとカスタマイズ画面が開くので、ここでテキストサイズを探して、+ボタンをタップします。

8コントロールセンターの設定

+ボタンをタップすると、コントロールセンターにテキストサイズ画面が表示されるようになります。

11コントロールセンターを開く

テキストサイズを変更して画面を確認する

通常のテキストサイズ

テキストサイズのボタンが表示されたら、タップしていましょう。すると下のようなテキストサイズという表示がされます。テキストサイズを変えていない場合は、全体的に白く、横の行線がある表示がされます。設定をみるとテキストサイズが通常サイズで表示されます。

テキスト通常サイズ
テキストサイズを真ん中のサイズに設定する

このテキストサイズの白い部分を上からスワイプして、真ん中まで黒い表示になるようにします。その後、設定を見て下さい。テキストサイズは少し小さくなります。

真ん中にした場合
最小にして画面に表示される文字を多くする

テキストサイズの黒い部分を更に下へスワイプして全面的に黒くします。その状態で設定を見て下さい。設定のテキストサイズは更に小さくなって、1画面に多くの文字が表示されるようになります。

最小にする

メモ帳の文字も変化する

メモ帳のテキストも見てました。テキストサイズはそのままだと文字が大きく見えますが、テキストサイズを下げると、テキストサイズが小さくなり、画面上にたくさんの情報が収まって見れることが分かります。

テキストのサイズが大きいと感じる人はこのテキストサイズを調整するといいでしょう。

 

この記事は、iPad Air : iOS 11.03で確認しました。

➡その他iPadの情報は、iPadカテゴリーをご覧下さい。

➡Appleの情報は、Appleカテゴリーをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です